空き家所有のリスクと活用方法

空き家問題が年々深刻化してきています

空き家対策特別措置法の完全施行、放置された空き家に対する指導の強化が進んでいく中、空き家を所有するリスクはますます高まっています。
空き家を所有することによりどのようなリスクがあるのかを知り、早めの対応がリスク回避、損をしないことに繋がります。
では、空き家を所有することによりどのようなリスクが発生するかいくつかご紹介します。

  • 建物の劣化
  • 空き家は人が住んでいる家と比べて何倍もの早さで劣化が進むと言われています。空き家の劣化を防ぐためには定期的な手入れが必要になります。

  • 防犯
  • 不法侵入・不法投棄・放火などが懸念されます。

  • 景観の悪化
  • 建物の老朽化や草木などが放置されることにより、周辺街並の調和を乱しトラブルを引き起こす原因となります。

  • 損害賠償
  • 倒壊・破損・散乱により近隣住民や通行人などに被害を負わせた場合は、所有者が損害賠償などの責任を負うことになります。

  • 税金のリスク
  • 空き家対策特別措置法により「特定空き家」に認定されて勧告を受けると、固定資産税・都市計画税の住宅用地の特例から外され、税金の負担が大幅に増加する可能性があります。

空き家はただ持っているだけでは上記のようなリスクがあるだけでなく費用もかかる一方です。

どのような形で活用するかについては総合的に考えて、解体するかどうかやそのタイミングをすぐに検討することが重要です。
空き家を解体もせずそのままにしておくことは、ずっと管理しなければならない状態が続くことになりますが、解体をしてしまえば空き家の定期巡回や補修工事、雑草刈り、セキュリティ等にかかる費用や手間が一切なくなりさまざまな不安から解消されます。
また、一般的に老朽化した建物が建っている土地より更地の方がより早く、より高い価格で売却できる可能性もあります。

今後も空き家を利用する予定が無い場合は、さまざまなリスクを回避するために空き家の解体を選択肢の一つとして検討する方が増えています。 そのまま放置すると資産価値も目減りし、やがて「負の資産」になる可能性もあります。 空き家の活用方法はさまざまで、解体することが最善策とは限りません。 各自治体の助成金や補助金を活用できることもあります。 しかし、ベストな選択をするには情報や知識が必要になりますので、どうすればいいか分からず放置されている方も多いと思います。 株式会社山十ではそういった「どうすればいいか分からない」を解決し、お客様にとって最適なプランをご提案致します。 ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせは、お電話又は本ホームページのお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡下さいませ。